;

2009/02/02

音楽ソフト店頭販売衰退ですか

音楽ソフト店頭販売、08年は3.9%減 10年連続マイナス
 店舗は悪戦苦闘ですかね?でもけっこー出店してるんだけどね、大型チェーン系とかは…小さいお店はやっていけないんでしょうねぇ。

 適当な数字に変換しちゃってますがRIAJの統計を見ると、パッケージの2008年年間売上げが、約3000億円(枚数は2.4億枚)、ダウンロードが450億円(2.4億ダウンロード)
パッケージがダウンロードに置き換わったら利益10分の1ですか?まー勝手に数字を丸めてるんで、信憑性はないですよ。でも影響はかなり出てるよね。

 確かどっかに記載されたと思うんだけど、タイトル数は増えてるんだよね。なので1枚あたりの売上げってがんがん落ちてる。そして、タイトルが増えると小さい店じゃ抱えきれない。返品有りの業界とはいえ小規模店舗は大変だ(TT

 万単位で売れるCDは別として、もともとニッチターゲットのCDってやっぱり一般流通を避けた方がいいのかな?とか…ここが、やるべきかやらざるべきか悩みどころ。
 買ってくれる側からしても、結局予約したり、注文しないと手元にこないとか、やきもきする事が多くなるし、店にしたら大量のカタログから該当CD探すのすら大変だし…なんて事はないですかね?

 まー楽な業界はないって事で、どこも大変だよという事で(^^;

2 件のコメント:

~☆~ さんのコメント...

昨日数年ぶりにテイトウワの新譜を買いました。

itunesで(笑)

昔はジャケ買いしたくてわざとCiscoとかいったりしたものなんですが、最近はとんと機会が減りました。

ここまでとは言いませんが、もうちょっと心を掴む人達はでないかなあと思ったりします。

名盤買いたくなるのと、CDなんかを買いたくなる気持ちって別ですよねたぶん(笑)

megahan さんのコメント...

そですよねー。過去の名盤。
特にレコードしか持ってないものだとCDかっちゃいますからねー!
でも新譜を全然買わないw最近いろんな人にCD買ってるか聞くけど、普通の音楽CDを買ってる人が減ったかも。