;

2018/06/08

本日の配信セッティング

本日の配信は思い描いてた方法と今までの方法の折衷案となりました。まだ操作の慣れてない部分は従来通りに…できそうな部分は新しい方法に。

 静止画ともまた違う面倒な部分や、録画ではないリアルタイムの為のやりやすさとか課題もいっぱい見つかって面白い。いや、本職に任せれば課題らしい課題でもないんだろうけどね…

 配信する出口の映像はなんとかなったけど、途中経過の音声や映像のモニターがちょっとおざなりだったなーと反省。おざなり…じゃないな…手が回らなかった(;゚ー゚)
 来月までにちょっと修正しつつだなー

2018/05/17

会社の配信に今までPCを使ってたけど安定性や突然の更新が怖いのでなるべくPCをクリティカルな部分から排除しようと思ったのになかなか旨くいかない、意外と面倒が多いねー。
そしてそして、PCにキャプチャーボードの組み合わせはかなり便利だったなと思う(今更)



 この手は素人なんですが、まずカメラ!今までは中華カメラと使ってたけど、ここはどこかでもう少しいいカメラに差し替えたいという気になってきた。正直画質が悪い。悪いといっても室内だから光量が足りてないせいもある。安カメラでHDMIスルーしてくれるのはちょっとうれしいけど出力が1080i60…なぜインターレース?そういうものなの?

 本日の問題はATEM Television Studio HDには、スケーラーが入ってない…世の中の安スケーラーのアウトプットは720p60か1080p60の出力…ゲーム機はHDCP問題…ムービー関係は何がくるか解らない…と言うわけでスキャコンだらけになるんですね…

 PCだったらキャプチャーボードの内部でHDCPも含め(まー色々あるけど)対処してくれるのになー。
なんか美しくない…ほとんど全てにスキャコンがつながる始末…。とりあえず中華スキャコンでいけたのでよしとするが、モードの切り替えが押しボタン…これがDIPスイッチだったら安心して使えるのになー。知らないうちに切り替わると、もとに戻せない罠が…

 それにしても、今回スキャコンを3種類ためしたんだけど、偶然安いスキャコンで事なきを得てよかった…1万で4台かえるのはうれしい。えーっと型番忘れたからその変の細かいところや諸々はまた次回。

 

2018/05/05

Yatsuzaki Hard Core


 今日はYatsuzakiHardCoreという事で北海道にきてます!超久しぶり!北海道…でっか…(ry 久々の外出で「よし積み込むぞ」と思ったらカバンが無いの! 急遽TOCのマルカワでカバンを買い、つつがなく荷物を収納したはず…。がっ
忘れ物
1・「メガネ(遠く見る用)」
  普段の知ってる場所を歩くときは近距離のメガネで全然いい!はっきり見えるのは1mぐらい?PCのモニター見るために調整したやつ…。もうね、羽田の時点で迷子になりかけた。札幌初めてじゃなくてよかった。まじで…。

 2・「ゴールドクレカ」
  着いたらラウンジでもと思ったのに…ちょっと前にサイフの肥大化を抑えるために置いてきちゃったんだった(;゚ー゚)はーいーれーなーいー。いや、金払えば入れるけど…10分ぐらいで搭乗開始って事もあって断念…。悔しい。

 3・「デステクノキャップ」
  なんでこんなマッチした時に忘れるのか!もう在庫もないんだよなー。またなんか作らなきゃw

 結局割とギリギリになっちゃったんで何も食わずして札幌入り。床屋行きたかったな…。札幌ついてからとりあえず食ったから良しとしよう。刺し身つまんでジンギスカン食って、〆に半ラーメン…そして晩酌(;゚ー゚)呑めない…はちきれそうですw

 とりあえず呑みながら明日の予習なう

2018/05/01

M3、20週年おめでとうございます

M3ことミュージック・メディア・マーケットの20週年をTRC(東京流通センター)で通過。この天井に時代を感じる弊社がはいってるTOCと同じぐらいの歳の施設!そんなところでM3の20周年は開催され、過ぎてゆくわけだ!

 M3の初回がなければ知り合わなかった長い付き合いの友達ができたり、口を開けば音楽の話っていう場所。最初は浅草橋からはじまって、いつの間にか流通センターを借りるほどの規模に。特に今回はニコニコのイベントもあったのに大量の人が集まって、改めて音楽熱いぜ!って思った1日でした。お疲れ様でした。

20周年という事もあってオフィシャルの打ち上げもあり、あっという間に用意されてた350リッターのビールが消えたとか…。一人でだれかいるのかなーって会場内を歩いてたらコテアニ一同に出会えました!むっちゃハイテンションです!

 ロートルばっかりかも?なんて思ったけど、今どきの人もちゃんといるじゃないですかwほんと20年っていったら、生まれた子が成人するような年月。こちとら、あんちゃんが、おっさん超えちゃったかも…的な感じっすよ。おっちゃん混ざってもいいっすか状態ですよw
 20年前の自分…あれ?細いじゃないの…いかん…これはライザップ案件じゃねーの?太かったり細かったりするんだけど、1998年はこんな感じだったらしい…M3万歳(;゚ー゚)やばい…これはヤバイヨーw

 さー次は25年の四半世紀だ!めざせ…なにを!30周年のときは…還暦ガバまつりだw_| ̄|○ il||li

2018/03/15



 某Qsoundの位相崩れっぷりをなんとか寄せPANとMSでなんとかするお仕事。つーても元のサンプリングした周波数が低すぎて音のお団子。
 淡い記憶によると、確か内部で計算された音程は小数点以下削除とか…まともに12音階がでないハード…まーよくあるw割とある。気にしない人が作ったハードってそんな感じ。「ド」でサンプリングした音は「ド」の時しか綺麗にならないなんて感じ。そこら編の計算もかなり端折ってるんだろうな…。

 だれかそのへんを修正したエミュレーターでも作ってくれれば、波形ROMとデーターROMからちゃんと鳴らせるんだけどなー(;・∀・)サンプリングだけの音源ならではの利点だよね。FMとかだとこうはいかない?フルパワーで計算すればちゃんと出来るのかな?

2018/03/13

ファイティングレイヤー

 ファイティングレイヤーってアレンジのCDって無いんだ…って思ったら移植してないんじゃん!ってか、CDにプレミアム価格付いちゃってるし…。アレンジ盤作ったら家庭用でんのか?って勘違いされそうだなw
 いま聞き直してみると凄いテンポ早い曲おおいなー。これは演奏するのは大変だ。もっともこのタイトルは曲書いてないけどね。SE担当してたのでもくもくと作業してたような…。
 それにしてもNAMCO基板音いいな。さっきまでQSoundの音聞いてたからなおさら良く聞こえる。見た目のスペックは似てるんだけどねー。隠れたスペックは大違い…いや、大違いっていうか…なんていうか?まーそこはいいか(;゚ー゚)

2018/03/07

アリカ時代の音源をアーカイブ

訳あってアリカの時に使ったマスターテープを現代のデーターに掘り起こす作業開始。といってもテープを掘り起こしたので、然るべきところに送るだけ…既に送ったけどね。
 今テープの状態検証をしてもらってる。話によると当時(20年前)ぐらいのテープだとAMPEXのテープは糊がはみ出してきたり色々とあるみたい。なんだけど、幸いにもBASFのテープを当時使ってた。これまた聞いた話によると、AMPEXよりももう少し音量高めで入れても入ってくれて、ヒズミ具合もいい感じとの事。ハデ目な曲が多いので全部BASFを選んだ。結構ラッキーな話。

 いつの間にかテープってなんぞ?みたいな時代になっちゃったねー。そんな訳でこのテープ達はビクター様(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)のアーカイブ専門のところに送って96k/24bitにてデジタル取込待ち。

 手軽に行くかななんて思ってた割に、この時代のDATマスターはほぼ全滅!あの時代のデジタルテープメディアったらもー信用ならない。分厚いアナログのテープだったら、窯焼きって手法もあるみたいですけどね(;゚ー゚)デジタルで薄いテープは無理だろうな(;゚ー゚)