;

2009/06/23

ストレス社長?

 社員のストレスと社長のストレス、まーどちらもストレスがあるんで、一言じゃー言い切れないし、個々個人やそれぞれの考え方があるし全く持って集約は出来ないとは思うけど、決定的に違うっていえば、社員、役員(自分以外)は雇用保険があって、倒産、リストラがあっても、失業保険があって、社長には無い。そりゃー字を見て解るように雇用されてる人の為の保険なんで、当たり前っちゃー当たり前。

 だがしかし、橋の下に速攻いくのは社長とか。だから住所不定な民はそういう立場の人が多いのかなと。そして、ギリギリまで身銭切っちゃうような人はそうなる運命がまってる。会社がなんとか回ってればいいけど、回らない状態だと首が絞まる思い。

 もっとも、会社?んなもんダメなら潰しとけ、みたいな感じの社長だったら、債務超過する前に畳む方向で考えるけど、8桁の借金を背負ってみたりする自分は前者かなと…よく保ってると思うwうはは。(だって銀行が貸してくれない時期だったもん)

 会社にしても、個人にしても身を守るって大変だなーと。世の中勉強だらけだなーと。決算が近くなってくると色んな悩みが吹き出してくるねw

4 件のコメント:

エバコン さんのコメント...

国の共済制度だよ。
経費にもなったり。

http://www.smrj.go.jp/kyosai/index.html

megahan さんのコメント...

それもいいのかねぇ。全額損金がいいなーwなんであんなに公務員だけが優遇すぎるんだ。汗を流せ血を吐いてみろwなんて思うことってあるよねー

kyajio さんのコメント...

元公務員ですが(;^ω^)
仕事に悩みすぎて5年ほど前にメンタルな病気になっちゃいました。「優遇」されているせいか解雇されることもなく、なんとか回復させてもらいましたけど。
僕は保険の仕事ですが、一般的な金融業界と比べたら30代の年収なんて半分です。
公務員には公務員なりの悩みもあるってこと、知っていただけたらありがたいです。。。

megahan さんのコメント...

 どんな事でも気にくわなければやめちゃえば良くて、自らやることを決め、必要ならば人を雇う、その責務を負うそしてうまくいってない時は全て自分で負わなければならない。 一夜にして、とても返せるわけのない負債を負うスリリングさもなかなか味なもんですよw
 辞任とか減俸じゃないですからw